着物

着付けレッスン その1



この間書いた、着物の着付けレッスンに参加してきました。


仕事の後のレッスンだったので、第一回目だというのに、

生憎、開始時間ぎりぎりに(><) お店で着物一式を借りて

大いそぎで教室に着いたときには、皆さん既に下着をつけて

長襦袢をはおり、すぐに着付けができる体制になっていました。


わたしはそこに行く前の上り坂で、空腹のときに時々なる

低血糖状態になり、フラフラしながらもようやくたどりついた

ので、遅れて焦っているのも加わって、文字通り汗がどーっと

流れました。くらくらしているのが治っていないので、目の

焦点もあまりあわないまま、大急ぎで肌襦袢と裾除けをつけ、

皆さんに追いつこうと必至。やはり、時間の余裕をもって

いかないとだめですね。(といっても、仕事が少し押して

しまったので、仕方無かったのですが…)



見るに見かねた助手の先生が手伝ってくださったお陰で、

どうにか、名古屋帯のレッスンを無事に終えることが

できました。


といっても、よくわからないままに終わったので、

もったいなかったな〜と反省。でも、最初の腰ひもは

ウエストのくびれのところでしっかり結ぶけれど、

その他は2回からげるだけでいいとか、伊達締めの

結び方とか(わたしのは、マジックテープのなので(^_^;)

基本中の基本は少しはわかりました。


次回までには本を見て、復習してから参加したいと

思います。
タグ:着物 着付け

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。